忍者ブログ
私の好きなもの。文房具、葉巻、車、その他のものについて書いていくことにします。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

セガ・チュンソフト発の、サウンドノベルゲーム『428』をバースディプレゼントしてもらった。買おうかどうか迷っていたのだが、思わぬ形で手に入った。プレゼントしてくれた人に感謝感謝。

この『428』について語るとき、やはり不朽の名作サウンドノベル『街~運命の交差点~』を語らざるを得ない。私は、以前借りてやったのだが、この『428』クリア後、もう一度やりたくなってたまらず購入した。(2600円した。やってみるとかなりの低解像度でびっくりした。PS1ってこんなものだったのか)

『428』と『街』の特徴は、サウンドノベルでありながら、単純な肢の選択のみで終わりではないということ。マルチフラグメントシステムといったり、ザッピングシステムといったりもするシステムがそれだ。複数の主人公のそれぞれの物語が、一つの舞台一つの時間軸で展開され、そしてそれが複雑に絡み合う。ある主人公の話が途中で立ち入り禁止になり、その話と絡み合う主人公の話の中のフラグを見つけ、立ち入り禁止を解除するという流れだ。

このシステムにより、単純に平行する物語を読み進めていくだけでなく、複雑に絡み合う物語を時間軸を含めた立体的なものとして把握することができる(しなければならない)。この場面では、この主人公はこう考え、こう行動していたという複数の視点で物語を楽しむことができるという複雑さに加えて、複雑に絡み合うが故に、一人の主人公の何気ない選択が、違う主人公の運命を大きく変えてしまう。(このような複雑な仕組みではあるが、操作としては非常に単純で、『428』の場合にはリモコン一つで完結している。)

すべての主人公を次の時間軸へ進めるために、適切な選択を追求し、運命の不可思議さを堪能できる。それぞれの主人公の立場や背景、人間性を無意識のうちに比較して把握することで、より深くその人の想いや台詞の意味を感じることができ、物語にも説得力が生まれる。そこに感情移入していくのだ。

この仕組みを実現し、それが名作になるためには、物語自体がよいものであることはもちろん、演出に一部の無駄も無いことが必要となる。そこにこのシステムの危うさがある。多くのゲーマーや制作者は、それに直感的に気づいている。だから、『街』は演出・ビジュアル面に多くの予算が投じられ、ユーザーは購入を敬遠した。おかげで、『街』は、後に着いた評価とは裏腹に予算の回収ができないという事態に陥ったのである。

一つ幸運だったのは、『街』は、名作とされたことだ。それも、ファミ通誌上もネット上の評価も、である。売り上げがさんざんだったにも関わらず、評価は常にトップだった。その点をみるに、サウンドノベル+ザッピングシステム+実写による演出は、ゲームとしては完成されていたということだろう。

同様の賭けを『428』でも行う。予算回収できるのか?という疑問符がネット上ではだいぶ出回っているが、そこらへんは不明確である。他方で、多くのユーザーが心配したのは、予算を抑えることによる駄作化である。正直、演出がダメなサウンドノベルは、わざわざサウンドノベルにする意味が無く、やり終えた後にこれでもかと言うほどそのゲームのイメージは悪くなる。小説で良いじゃんというつっこみとともにそのソフトはどこかに追いやられることになる。

では、『428』はどうだったのか。これがまたおもしろいのだ。『街』よりも完成されたシステム・グラフィックであることは間違いない。シナリオも、『街』ほどのコミカルさは無いが、それでも時にコミカルに、またシリアスに無理無く一つの線に物語がまとまっていく。『街』では、よく似た二人の主人公の話が途中で終わったりしていき、なんとなく話の線が細くなっていくが、『428』では、途中でエンドになる主人公も話しに絡んでくるし、また話の線が細くならないように、ごにょごにょだったりする。

『街』ゆずりのバッドエンドの多彩な内容もおもしろい。バッドエンドの中には、実に晴れやかな顔をしている主人公もいたりして、「バッド」じゃなかったりもするのもまたおもしろい。

全作『街』では、キャストとして、竜雷太・ダンカン・窪塚洋介・中越典子・お笑いコンビ「北陽」のツッコミ役の伊藤さんなど、なかなかの顔ぶれだった。今回のキャスト的には知らない方ばかりだったが、すべて納得のキャストだった。唯一、(本編ではないという点で)須賀健太君はちょっと贅沢だったようにも思う。(大塚明夫さんも違和感なかった。ボーナスシナリオで声優やってたのはびっくりした)

ボーナスシナリオの『カナン』編は、TYPE-MOONという有名なグループ?担当らしい。私は楽しめたが、賛否両論のようにも思う。単純にゲーム作品としてみる場合、アニメ画になった理由としては、カナンやアルファルドは非日常的な存在でアニメ画でも成立すると考えた点や、実写で描く場合の予算も多そうだというあたりが、アニメ画になった理由だろうか。その他、広告戦略などの要素を考慮すると、いろいろと複雑そうだ。

アニメによって描かれているという点や、シナリオの非現実感、声優起用によるメインシナリオとの乖離(イメージ面・テンポ面)が、残念だった。単品作品としてみたら、十分なサウンドノベル?ではないだろうか。

特典DVDもなかなかボリュームがあって楽しめた。ただ、ネタバレがある点や、キャラのイメージが崩れる場合もあるので、プレイ後に見ることを強くおすすめする。

また、さまざまな条件でクリア後に発生する隠しシナリオも見逃せない。本編では、嫌な奴だった堅い顔したアイツも、実は猫のかわいさにめろめろで、猫に「かわいすぎる!」とか言ったりして、笑えた。

しかし、おもしろかったな。
組織の効率化のため、分業化、専門化が叫ばれて久しい。

自分も組織に属し、また組織の形作りに関わるバックオフィス部門にいるので、いかに組織を作り上げるのかは重要な課題となる。

そのような観点から、有斐閣アルマの「組織論」などを読み始めたりしているのだが、どうにも無味乾燥で進まない。

ちょびちょび読んでいるかたわら、「2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?」(西村博之著)を読んだ。その中で組織論的に大事と思える示唆があった。

それは、分業化がすすんでしまうと、組織全体に関わる問題が起きたとき解決できる人がいなくなる、ということだ。

その示唆をふまえるならば、ある程度横断的に全体を知っている人が複数人いることが、何か問題が起きたときのリスクヘッジになる。

しかし、専門特化することによる高効率化をすべて捨てるわけにはいかず、分業化を完全否定することは難しい。
そうなると、例がマイナーだが、ウィルコムのマイクロセル展開のように、複数の基地局が重なり合うような展開をしていくことが望ましい。

それには2種類の組織展開方法があるように思う。

一つは、専門分化した複数の部ごとに上位組織をつくり、その上位組織は、下部組織の業務を横断的に理解・把握するようにしておく方法。

もう一つは、上位組織を作ることなく、すべての部が、関連・隣接する部の業務を把握・理解できるように、人員配置・教育・研修を行うという方法。

両者ともにデメリットがあり、前者はヒエラルキーが発生してしまうのと同時に、そのような上部組織を作るのは人員配置・教育的に難しいという点。後者は、専門分化をある程度弱めてしまうので、効率は悪いといううえに、教育・研修コストも増える。

ただ、両者ともにメリットもあり、結局はどのような組織なのかによって適切な方を選択するしかないだろう。
その選択も難しそうだが…
メインカードをすでにAmazon.comカードから、楽天カードに切り替えています。
もちろんですが、問題なく使えています。
使った速報がメールで受信できたり、管理画面もAmazon.comカードよりは便利だったりで、結構使えます。

問題は、楽天カードのメインとなる楽天市場が微妙という点でしょうか。やっぱり、楽天ブックスのヤマトメール便自動選択はいただけない。それだけでなく、楽天市場自体も、送料やら手数料やらがかかったり、納期が遅かったり、値段も高かったりで、Amazonに比べて劣る点が多い。まぁ、これは、楽天の問題と言うよりも楽天に出店している店舗の問題だが。

まぁ、そこらへんを差し引いて考えると、まぁまぁお得です。願わくば、もうちょいポイント還元率を上げてほしい。。。


sleipnir.pngかつて、私のメインブラウザは、Sleipnirでした。
現在では、上級者向けブラウザとして一般的に?なっているようですが、
私が使っていた当時は、知っている人はみんな使っているというようなイメージでした。
タブブラウザは、DonaWebBrowserや、NetCaptor、Moon、Cuam、Donutなどが、ぐんぐん普及を進め、さまざまなタブブラウザが群雄割拠?玉石混淆?の状態でした。

その中で今生き残っているのはどれかという話はさておき、IEが7からタブブラウザになったので、みんなどうやらタブブラウザを使っているという感じになっています。

私は、DonaWebBrowserが、配布停止になったころタブブラウザを使用し始め、こんなに便利なものがあるのかと驚嘆したのを覚えています。当時の私のマシンに搭載されているメモリは、40MB(これでも多かった)、OSは、Win95か98だったと思います。最初は、いろいろと試していましたが、そのうち「Cuam」というソフトに落ち着きました。当時使っていたフィルタリングソフト「proxomitron」との相性が良く、右下のプルダウンで「proxonmitron」を使うかどうか簡単に選べ、便利でした。

Cuamに落ち着いていた私は、タブブラウザをどれにすべきか議論はどうでもよく、たまにfubや、Operaやらを試してみていたりしました。(マウスジェスチャは便利でした。)

そんな中、ぽっと出てきたばかりのSleipnirを試した記憶があります。確か同時期にCuamっぽいDonutPを試しました。Sleipnirすげぇっていうくらい多機能で使いやすく、圧倒的に私の環境では安定していました。

Sleipnirが出始めた頃、私のメインのCuamちゃんは、開発が止まり、確かIEの新バージョン(当時で言うと5か6)への対応が全然ダメでめちゃめちゃクラッシュしてました。Cuamを惜しみつつ(半年に一回くらい2chの「Cuamをしみじみと語るスレ」を眺めたりします)、Sleipnirに乗り換えました。

快適そのものでした。…が、バージョン1.66で、開発が止まってしまいます。
なんか、ソースコードが入ったPCを空き巣に盗まれたとか。。。。。
ホントにその空き巣は死ねば良いと思いますが、しばらくして、Sleipnirをフルスクラッチで開発し直すことを作者さんが決意。
会社を立ち上げると同時に、Sleipnir2を開発・リリースしていき、現在に至るという感じです。

Sleipnirが止まっている間に、世間では、IEもタブブラウザになり、Lunascapeが恐ろしい進化を遂げ(私的には同社のAfterglowの方が気になるけど)、なによりもFirefoxの進化がすごかったようにも思います。そんなわけで、Sleipnirは、すでに圧倒的に優位なブラウザ、圧倒的にすごいブラウザとは言えなくなっています。

Sleipnir2が出た当初、すべてをパーツ化し、分散して開発というような趣旨を述べており、プラグインやスキンについての柔軟性についても説明があったかのように思います(すいません、詳しくは忘れました)。これは、たとえばメーラーで言えば電信八号のような発想で、当時の私(というか、おそらくSleipnirウォッチャー・ファンはだいたい)なんかは、プラグイン開発しまくりで、多機能化しまくりで、Sleipnir最強じゃね?的な感じでした。

というのも、Sleipnir2は、設計がエレガントであったかもしれませんが、機能としては、Sleipnir1.66に遠く及ばなかったのです。それどころか、細かい使い勝手も違っていて、実はかなり使いづらかったのです。
よく考えれば、こういう設定項目にした理由はわかりましたが、慣れというのは恐ろしいもので、激しく使っていて不愉快でした。
私的には、Sleipnir1.66をずっと使っていました。いつかプラグイン機能でどんどん進化していくのだろうと。

で、今は、Firefox3に満足しちゃってるわけですが、今回、Sleipnir3の開発を発表(alpha版は出てます)すると同時に、SDKとガイドラインを出す旨を発表しました。


やっと来たか、という感じですが、ちょっと遅かったように思います。
遅かった、というか遅すぎたんじゃないですかね。

もうコアなファンは、そんなにいない気がしますし、PCのブラウジングを強力にするよりも、モバイルだったり、クロスプラットフォームだったり、クラウドだったりに話がシフトしてしまっています。そんななか、win上という限られたOSの上で、エレガントな設計をかまして大きな意味があるのでしょうか。もちろん、エレガントな設計だからこそ、移植やエンジンの入れ替えも容易かもしれませんが、これまでの開発速度を見ると、う~ん…となってしまいます。

正直、不完全な形でもSleipnir2のリリースとほぼ同時にSDKの公開はやるべきだったと当時も思いましたが、今でも思います。そのSDKによって出てきたプラグインの中で、「これすげぇ!」ってのがあれば、そのブラウザは忘れられないものになるとも思うのです。私がFirefoxに乗り換えたのは、「Firebug」と「FireMobileSimulator」のせいですし、Macbookでも同じ使い勝手で同じ機能がほぼ使えるという点が最も大きいです。Sleipnirにも、「Hawkeye」がありますが、私的にはかなり微妙でした。なぜGoogle Chromeでもあわせてきた「Firebug」のインターフェイスにあわせないのか。

…それでも、設計がエレガントという点と、Sleipnirファンという点と国産という点で応援したいとは思っています。SDKの公開が楽しみです。
ただ、Sleipnir2を出した時みたいに、3を出したとき、「2より低機能」とかは、やめてください

カスタマイズに特化したブラウザ Sleipnir。上級者のために。
autumn1.jpgautumn2.jpg

旅行に行った。なかなかの秋の景色だった。
上の写真は、「天狗の庭」といわれる場所の近く、なんとかスカイライン?で撮った写真。
カメラは、PENTAX K100D(18~55のキットレンズ)。カメラが良いのか、腕が良いのか、景色が良いのか、なかなか満足のいく写真だった。
ほかにもたくさん写真をとった。写真を撮りに旅行に行くようなものだったり。

いつも旅行に行って写真をたくさん撮ってくるが、その写真をどうやって楽しむかには今だに公式がない。
家庭のプリンタでプリントする。写真屋でプリントする。コンビニでプリントする。PCに入れて画面で楽しむ。アルバムに入れる。写真立てに入れる。

しかし、いずれもコストがかかるし、デジカメのように大量に写真を撮っても大丈夫になり、全部プリントするとなるとそれなりにコストも手間もかかる。
そんな大量写真時代に適した写真の楽しみ方が、最近盛り上がってきたデジタルフォトフレームだ。

そんなわけで、うちの親が一つ買った。選んだ基準は一番安いから。
以下の写真が、飾ってみた一例。(トランセンド製「T.photo710」)


digiphoto1.jpgdigiphoto2.jpg

上記の写真の例のように、カレンダー・時計を表示させながら写真を飾ることもできる。写真を液晶全面に表示させることもでき、スライドショーにも出来る。
安い割になかなか液晶がきれいだ。新型もすでに出ているが、この旧型でも十分きれいだ。コンデジや携帯などにはこれで十分だろう。あとは、フレームのデザインや機能で選ぶのが良いように思う。

国産のものは、ソニーのものが人気のようだが、トランセンド製に比べ高価で、それほど多く売れている印象がない。以下に、楽天のアフィリエイトリンクを張っておくので参考にしてみてほしい。


トランセンド
T.photo710ブラック

トランセンド
T.photoC710クリアパネル

【12週連続ランキング1位獲得】
トランセンド
T.photo720ホワイト

トランセンド
T.photo720<ブラック

ソニー
DPF-D70



先日、Amazonクレジットカードが、12月15日をもって終了という記事を書いた。
今日、退会したので、12月15日をもって私のもっているAmazonカードは使用できなくなる。

対応してくれたのは、疲れていそうなお兄さんだった。カスタマーサポートは込んでいて6分も待った。
っていうか、固定電話以外はフリーダイアル使えないって言うのはなんだ。

手続き自体はあっけなく終了した。カスタマーサポートにつなぐ前に自動音声で電話用暗証番号を入力しているからか。ちょい微妙。

私は、分割でPCを買っていたので、それについてどうなるか、カスタマーサポートに聞いてみた。
分割払いの支払いについては、Citiクラシックカードに切り替えなくとも、現状のまま継続できるということだ。その場合、カード自体は使用できなくなるが、残りの支払いは毎月引き落とされ、その分の明細のみ送られてくるらしい。

そんな説明書いてあったかな…?
よく覚えてないが、そういうことらしい。ちなみに、先月分の引き落とし明細書にはAmazonカード終了のお知らせは入っていなかったので、カードの終了のお知らせは、今のところEメールのみということか?

ちょっとそれは無いんじゃないかな、amazonさん、citiさん。

その他にもいろいろと同じようなテーマのblog記事があったので、紹介しておく。


で、とりあえず、今後のメインカードは、楽天カードにしようかなと。
というのも、私の周りの人が、みんな楽天カードを勧めてきたから。
…う~ん、まぁ、とりあえず、みんなおすすめらしい。
とりあえず申し込みました。

私と同じ境遇の方、どうやら楽天カードはおすすめらしいです。下からどうぞ。
(アフィリエイトリンクが気になる方はググれば簡単に申し込みページが見つかると思うので、そちらからお願いします。)









GH-UFD4GD商品画像 先日、メモリを買ったが、一緒にUSBメモリを買った。
実は、USBメモリを今まで持っておらず、初めて買った。
というのも、あまり使う場面が無く、大事なデータを入れて無くしても困るからだ。
買った今でも、仕事で使う気はない。

選んでみて驚いたが、4GBのUSBメモリは2千円しないのね。
16GBでも6~7千円だった。しかも結構読み書きが早い。

私が選んだやつだけかな?…私が選んだやつはグリーンハウスの「GH-UFD4GD」というやつ。
これが思ったより小さくて、思ったよりかっこよかった。
まぁ、活用のシーンはあるだろう。マックとウインドウズの間のファイルのやりとりもこれで直接できる。

green_pico_4g_1.jpggreen_pico_4g_2.jpggreen_pico_4g_3.jpg

GH-UFD4GD商品画像
楽天市場|GH-UFD4GD

先日、私のところにもメールが来ました。
私の買い物は、だいたい本かPC周辺機器かゲーム・CDなので、Amazonカードの登場は待ちわびていました。
申し込んではや1年?…もうやめるってどういうこと?

で、なんで、デフォルトで年会費有料のカードに変更なのか?…よくわからん。

しかも、先日来たメールによると、年会費有料のカードに切り替えるのをやめるためには、10月27日までに電話をこっちからしなければならないそうだ。専用のページくらい用意できんのか。

さて、メインカードをどうするか。

そして、Amazonの利用の仕方をどうするかを考えなければならない。

一番の候補は、楽天カード。
楽天での買い物は2%ポイントキャッシュバックで、楽天以外での買い物は、1%ポイントバック。毎週金曜日はポイントが2倍とか、モバイルからだと5倍とかそんな企画があったりしていろいろお得。

でも、楽天ブックスは、微妙。配送料1575円(税込み)以上は配送料無料は良いとして、メール便か宅急便かの自動選択っていうのはありえない。宅急便を選べるなら良いけど、楽天ブックスがどっちかを自動に選ぶとかありえない。メール便のクオリティは商品を配送できるものじゃない。

というわけで、メインの本がダメとなると、そもそも楽天のポイントを貯める意味があるのかわからない。
でも、2000ポイントプレゼントは、ちょっと魅力的。

どうしようかなぁ。。。。。

とりあえずアフィリエイトリンクだけ貼っておこう。




ts128_2.JPG先日のエントリー(ThiinkPad X40:パワーアップ欲) で言っていたように、パワーアップ欲が出ていた「ThinkPad X40(2371-Q2J)」だが、とりあえず、メモリ増設だけはしたかった。

このThinkPad X40(2371-Q2Jモデル)は、デフォルトで512MBのメモリを積んでいるWindowsXPproマシンである。基本的にメモリは十分と言えるが、XPでも1GBはメモリ容量がほしいところだ。

しかも、このX40は、再三言っているとおり、HDDが遅い。メモリの容量が不足すれば、HDDへのアクセスを代わりに行うので、メモリ容量は大いに超したことはない。

そこで、2371-Q2Jモデルの上限容量である1.5GBまで増設をしようと思っていた。

本モデルは、PC2700=DDR規格のメモリに対応する。(S.O.DIMM/200pin)
また、挿す容量としては、512MBか、1GBのものが考えられる。

となると、以下のものに限られてくることになる。

<512MB>  最安値 (kakaku.com/08'/10月)
・バッファロー(BAFFALO) DN333-A512MZ \3,800
・アイオーデータ(IODATA) SDD333-512M \3,500
・トランセンド TS64MSD64V3J \2,200
・グリーンハウス GH-DNW333-512MDZ \2,600
     
 <1GB>   
 ・バッファロー(BAFFALO) DN333-A1G \10,000
 ・アイオーデータ(IODATA) SDD333-1G \9,000
 ・トランセンド TS128MSD64V3A \5,000
 ・グリーンハウス GH-DNW333-1GBZ \5,500

メーカーとしては、国内勢(バッファロー/アイオー)と、台湾勢(トランセンド/グリーンハウス)に分かれ、値段のレベルもその二つに分かれる。
問題なのは、1GBの国内勢と台湾勢の価格差。おおよそ倍ほどの差がある。そこまでの品質の差があるとは思えないが、国内勢は、きちんと個別のパソコンに対する対応確認をHP上よりとれることが強み。逆に言えば、それ以外のメリットはほとんど無いということだ。

512MBの増設をするならば、私は国内勢を勧めるが、1GBの増設をするならば、圧倒的に値頃感のある台湾勢が良いと考える。ふところに易しい。

というわけで、私は、一番安いトランセンドの「TS128MSD64V3A」を購入した。
一番安いと言っても、品質に問題があるというわけでもなく、永久保証メモリなので、初期不良や間違えたものを購入してしまったということのない限り、ほとんど問題のないメモリメーカーである。
(少なくとも、私はそう認識している。)

で、問題なく使用できていて、このとおりブログを書いているというわけですな。

つけてみた感想としては、全体的に動作が速くなった。さすがに、512MBから1.5GBの変化なので、256MBから512MBへ増設したときのようなドラスティックな感動は無いが、それでも少し快適になった。
これからおそらく、この1.5GBのメモリ容量に助けられることが増えるだろう。

いやいや、快適快適。
ts128_1.JPG




ブログ内検索
カウンター
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
無題(返信済)
(05/02)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
amaranthine
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1982/12/09
趣味:
車。ネット。写真。旅行。
自己紹介:
千葉在住。25歳。独身(同棲中)。
本を買うならBOOKOFF
ブックオフオンライン
Google AdSense
忍者ポイント広告
アクセス解析
Copyright © amaranthine's favorites All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]