忍者ブログ
私の好きなもの。文房具、葉巻、車、その他のものについて書いていくことにします。
[89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ウィルコムは、インフラ、料金プラン、通信速度等の様々な問題を抱えていますが、決定的な問題は端末であると思います。

といっても、ウィルコムにするユーザーは、大半がウィルコム定額プランによる2台目需要であり、
たとえば、WX300Kやnico.(+)、nineなどの比較的多機能ではない機種が売れる傾向にあります。

この傾向は、今でも崩れ去っているとはいえません。
しかし、同じ(ような)通話定額を実現しているソフトバンクの端末を見てください。
他の携帯キャリアが提供している端末と遜色がない端末です。
この端末性能こそが、ソフトバンクのホワイトプランが成功している最大の理由だと私は思っています。
また、2台目としての購入から、これ1台に絞っても良いなと考えてもらえるのも、やはり、端末が大事だと思います。

というわけで、例え2台目需要を狙うにしても、同じ(ような)通話定額を実現しているキャリアが、高い水準の端末を提供している以上、ウィルコムも端末の水準を上げなければなりません。
これは、現行PHSに限らず、次世代PHSを展開するときが来たとしても同じ事です。
逆に言えば、端末の問題さえクリアできれば、料金その他の点では、純増を続けることが出来るくらいの魅力があると思っています。

端末価格が上がっても、今は、W-VALUE SELECTがありますから、ある程度は問題ないと思います。
ソフトバンクや他のキャリアのおかげで、端末の原価を見てもみんな驚かなくなっているみたいなので。


<端末一般>

まず、端末を提供する際の一般的な事項について。

まずは、細かい仕様を統一しましょう。
・大文字・小文字変換キー、改行キー、逆トグルキー、マナーモード切替キーなどの位置を統一する。
・「時刻・日付のピクト表示は、右上に二行で」、「電池マークは、左上に」など。
・SIM端末は、「オンラインサインアップ」位置を「Web」のメニュー下に配置する。(「9(nine)」は、「メール」のメニュー下になっている。)
・アドレス帳の仕様を統一(vCard形式か)し、ウィルコム端末間ならスマートフォンを含めて、欠損無く移行できるように。
・通話用マイクの音量の最小値を設定する。できれば、音質の最低値も設定(もちろん他キャリアよりも高く)
・手ぶら通話機能を全機種に搭載。
・ウィルコムが提供するすべてのサービスへの対応(W+BLOG、W+MUSICなど)
・ウィルコム対応の携帯サイトにすべて対応(SIM機だけアクセスできないサイトとかがある)
・2時間45分前に、通知or強制通話遮断を、出来れば設定で選択できればよい。
・キャッチホン対応
平型イヤホン端子のフタはスライド式
・充電端子(USBと別にあってもいい)、アダプタ、充電台の形状の統一
・スマートフォンには、いい加減クレードル兼充電台を付属でつけなさい。
・着うた、着メロ等のフォーマット・許容サイズを統一する。
・本体保存メモリの最小値を設定する。(2MBは少なすぎる。メールの拡張にも対応する)
・JavaVMの搭載の統一
・赤外線の搭載
・安いのでもいいからストラップをつける
・そろそろ実現するメールの拡張にはもちろん完全に対応する(絵文字・デコメール)
・相手側の着信をバイブで知らせる機能

これだけでも、結構いろいろありますね(^^;

出来る限り実現して欲しいものです。
端末仕様の統一は、それだけ決まり切った部分を作ることになるので、独自性は失われるかもしれません。
しかし、たとえば、大手キャリアの大手メーカーに合わせることで、移行を容易にするメリットと、端末の仕様確定の時間短縮にちょっとだけ資するというメリットがあります。

というより、W-SIM端末は、携帯電話開発のノウハウが無い企業でも携帯端末を作れるということが大きなメリットなわけで、そういう仕様も確定してしまって、コア部分に加えて、さらにその周辺までモジュールとして出してしまえばいいんです。
その方が、よっぽどたくさんのメーカーが端末を開発できるってもんです。

たとえば、ハードウェア(SIMスロット+基盤+ボタン)とソフトウェア(OS+ブラウザ+メーラー+JavaVM)の小さい組み合わせを京セラかネットインデックスに作ってもらって、それで売り込む。(特に京セラは、TRON版のOperaの権利をもってとか聞いたので、Opera好きとしては是非京セラに)
ようするに、プラモフォンのガワをいろいろなメーカーさんに作ってもらうっていうイメージですね。
その分、ソフトやハードデザインの部分に改良を加えていただくわけです。
ハード部分の基礎部分を作るのならば、通常の端末を単発で作るよりも大量に作れますから、コスト削減効果も期待出来ます。

現在、プラモフォンの基礎部分を開発中でしょうから、上記のような統一仕様をちゃんと盛り込んでみるとかしてほしいですね。

明日くらいに、個別の端末案を考えてみたいと思います。
PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
TRACKBACK
trackbackURL:
ブログ内検索
カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
無題(返信済)
(05/02)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
amaranthine
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1982/12/09
趣味:
車。ネット。写真。旅行。
自己紹介:
千葉在住。25歳。独身(同棲中)。
本を買うならBOOKOFF
ブックオフオンライン
Google AdSense
忍者ポイント広告
アクセス解析
Copyright © amaranthine's favorites All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]